FPCはアカイの有名なサンプラー&シーケンサーのMPCを意識して作られた音源です。
FPC
私もMPCは触ったことが有り(アプリ版は購入しました)、その操作性の良さは認識しながらも、「DAWの中にそういうの必要?」みたいな気がしてて最初無視してたんですが、ちょっと触ってみるとなかなかやり手な音源だという事に気づきました。

ポイント1:レイヤーがかけられる

上の画像の右の方を見てただくと、縦に4つラックが有って、各々にオレンジ色で範囲が示されているのが分かると思います。

これは、1つの音(ここではスネア)に4つの波形を設定して、べロシティ・レイヤーをかけているのです。

もちろん、「EDMならべロシティーはいつも127!」という生き方も男らしくて良いと思いますが、それでもキックとか2つ・3つの音を重ねるのが常ですので、レイヤー機能は便利だと思います。

ポイント2:ピアノロールでの打ち込みがやりやすい

次に、ピアノロールでの打ち込みのしやすさも特筆ものです。

FL Studioでは、ステップシーケンサーよりピアノロールの方が細かな打ち込みがやりやすい訳ですが、各音の波形をチャンネルラックに放り込むやり方ですと、基本的にはチャンネルごとにしか打ち込みが出来ません。

ただ、ドラムの場合、キック・スネア・ハット辺りは「全体で見てなんぼ」の部分があるわけで...。

そんな時にFPCを使えば、一つの音源(ジェネレーター)なので当然一画面で全パーツを扱えるようになります。しかもこんな風に、横に音色名が表示されて分かりやすい!
FPCピアノロール
更には、最初っから膨大なパターンを持っているので、それを適用しつつアイデアを練っていけば、効率的にリズムが作れます。
FPCパターン
※赤枠のところで選べます。

ポイント3:パラアウトが可能

DTMにお詳しい方は、「1つの音源ならステレオアウトとかいう事はない?キックやスネアは別にエフェクトかけたいんだけど」みたいに思われるんじゃないでしょうか?

しかしそこも抜かりはなく、まず音源としてのメイン出力を設定したうえで、そこからのシフトする形で音色ごとにパラアウトできるようになっています。
FPCパラアウト
上の例では、音源自体のメイン出力を5トラック(赤枠)に設定していて、この音のアウトプット設定を1(黄色枠)にしています。

こうすると、この音は5+1=6トラック目に出力されることになります。

この記事のまとめ

この記事では、「リズムトラックを作成する際に、FPCを使うとこんなに便利!」という点を解説させていただきました。

私のバージョンでは、プリセットをIMAGE-LINE社からダウンロードしなきゃならなかったこともあって(今もそうかな?)最初とっつきにくかったんですが、使ってみると「かゆいところに手が届く」という印象に変わりました。

皆様も、食わず嫌いをしないで、ぜひぜひFPCを活用してやってください。