Fl Studioに収録されているジェネレーター(音源)の中で、取りあえず立ち上げて...という感じで創作の主力にしうるのが、Sytrusだと思います。
Sytrus
このSytrus、実は結構複雑なことのできる音源で(6オペレーターの掛け合わせが出来る)、DX-7の音色再現なんかも出来たりします。

その分、自分で音作りをしようとすると、「何から手を付けるべきか...」みたいな感じになるんですが、それを補う感じで大量のプリセットが、分かりやすく( 前回ご紹介したAutogunと大違い!)整理されていますので安心です。

プリセットを選ぶには、左上の▷印のアイコンを左クリックしてPrisetsを選択すればOK!以下のように大量のプリセットが用意されています(画面に映しれない量ですが、整理されているので選びやすいですね)。
プリセット
あと、プリセットの前後は、画面右肩の「音色名」表示の右にある◁・▷アイコンをプチプチやればOKです。

ジャンル分けされてるので、それっぽいのを選んでみて、あとは◁・▷アイコンで周辺を試すイメージが効率的だと思います。

なお、EDM界ではSylenth1という音源名をよく聞きますが、残念ながらこればサードパーティーが販売しているVST音源です(操作感は、どちらかというとGMSに近いかな?)。

パッと見の名前の雰囲気が似ているので、お間違いのないように。