FL StudioでEDM作り

EDM作成に圧倒的なシェアを有するFL Studioですが、他のDAWとの比較で特殊なところも...。そこで、LOGICからFLに乗り換えた管理人が、備忘録も込めて使い方やTIPSをまとめていきます。

FL Studio初心者の方は、「FL Studio基礎の基礎」を古い順に(カテゴリ選択していただくと古い順に並ぶようになっています)読んでいただけるとよろしいかと存じます。
初心者だけど、まずは何か作ってみたい!という方は、「FL Studioでドラムを打ち込み、一曲完成させる」「ピアノロールでメロディーを打ち込んでみる」の2記事を読みながら作っていただければ、全体像がざっくりと分かっていただけると思います。
どうぞよろしくお願いします。

FPCはアカイの有名なサンプラー&シーケンサーのMPCを意識して作られた音源です。
FPC
私もMPCは触ったことが有り(アプリ版は購入しました)、その操作性の良さは認識しながらも、「DAWの中にそういうの必要?」みたいな気がしてて最初無視してたんですが、ちょっと触ってみるとなかなかやり手な音源だという事に気づきました。

ポイント1:レイヤーがかけられる

上の画像の右の方を見てただくと、縦に4つラックが有って、各々にオレンジ色で範囲が示されているのが分かると思います。

これは、1つの音(ここではスネア)に4つの波形を設定して、べロシティ・レイヤーをかけているのです。

もちろん、「EDMならべロシティーはいつも127!」という生き方も男らしくて良いと思いますが、それでもキックとか2つ・3つの音を重ねるのが常ですので、レイヤー機能は便利だと思います。

ポイント2:ピアノロールでの打ち込みがやりやすい

次に、ピアノロールでの打ち込みのしやすさも特筆ものです。

FL Studioでは、ステップシーケンサーよりピアノロールの方が細かな打ち込みがやりやすい訳ですが、各音の波形をチャンネルラックに放り込むやり方ですと、基本的にはチャンネルごとにしか打ち込みが出来ません。

ただ、ドラムの場合、キック・スネア・ハット辺りは「全体で見てなんぼ」の部分があるわけで...。

そんな時にFPCを使えば、一つの音源(ジェネレーター)なので当然一画面で全パーツを扱えるようになります。しかもこんな風に、横に音色名が表示されて分かりやすい!
FPCピアノロール
更には、最初っから膨大なパターンを持っているので、それを適用しつつアイデアを練っていけば、効率的にリズムが作れます。
FPCパターン
※赤枠のところで選べます。

ポイント3:パラアウトが可能

DTMにお詳しい方は、「1つの音源ならステレオアウトとかいう事はない?キックやスネアは別にエフェクトかけたいんだけど」みたいに思われるんじゃないでしょうか?

しかしそこも抜かりはなく、まず音源としてのメイン出力を設定したうえで、そこからのシフトする形で音色ごとにパラアウトできるようになっています。
FPCパラアウト
上の例では、音源自体のメイン出力を5トラック(赤枠)に設定していて、この音のアウトプット設定を1(黄色枠)にしています。

こうすると、この音は5+1=6トラック目に出力されることになります。

この記事のまとめ

この記事では、「リズムトラックを作成する際に、FPCを使うとこんなに便利!」という点を解説させていただきました。

私のバージョンでは、プリセットをIMAGE-LINE社からダウンロードしなきゃならなかったこともあって(今もそうかな?)最初とっつきにくかったんですが、使ってみると「かゆいところに手が届く」という印象に変わりました。

皆様も、食わず嫌いをしないで、ぜひぜひFPCを活用してやってください。

Fl Studioに収録されているジェネレーター(音源)の中で、取りあえず立ち上げて...という感じで創作の主力にしうるのが、Sytrusだと思います。
Sytrus
このSytrus、実は結構複雑なことのできる音源で(6オペレーターの掛け合わせが出来る)、DX-7の音色再現なんかも出来たりします。

その分、自分で音作りをしようとすると、「何から手を付けるべきか...」みたいな感じになるんですが、それを補う感じで大量のプリセットが、分かりやすく( 前回ご紹介したAutogunと大違い!)整理されていますので安心です。

プリセットを選ぶには、左上の▷印のアイコンを左クリックしてPrisetsを選択すればOK!以下のように大量のプリセットが用意されています(画面に映しれない量ですが、整理されているので選びやすいですね)。
プリセット
あと、プリセットの前後は、画面右肩の「音色名」表示の右にある◁・▷アイコンをプチプチやればOKです。

ジャンル分けされてるので、それっぽいのを選んでみて、あとは◁・▷アイコンで周辺を試すイメージが効率的だと思います。

なお、EDM界ではSylenth1という音源名をよく聞きますが、残念ながらこればサードパーティーが販売しているVST音源です(操作感は、どちらかというとGMSに近いかな?)。

パッと見の名前の雰囲気が似ているので、お間違いのないように。

FL Studioのメリットとして、豊富な内蔵音源(ジェネレーター)が挙げられるわけですが、FL Studioの特徴として遊び心というか癖のある音源が多かったりするのも事実です。

そんなFL Studioのジェネレーターのある種の代表といえるのではないかと思うのが、今回ご紹介するAutogunです。
autogun
このAutogunは、パラメーターの調整項目がほぼほぼなく、ファクトリープリセットを選んでくださいというスタンスです。

で、そのプリセット数は...なんと約43億個!一つ1秒間で、毎日24時間寝ないで続けて聴いていっても、16年かかるとのことです(笑)。

で、そのプリセットには(当然かもしれませんが、一覧表もグループ分けもない。そして、買った個体ごとに、異なるプリセット番号が初期値として与えられているという...「どうしろっていうんや!」って突っ込みたくなるプラグインです。

まあ、音色に触発されて音楽を作る人が、運が良ければ気持ちいい音色を発見できるって感じでしょうか?

作業に行き詰った際などに、お試しいただければと。

FL Studioに乗り換えるにあたって、備忘録もかねて解説ブログを作ろうと思い立って、1か月弱?

現在の記事数も9記事(この投稿で10記事になりますが...)という弱小ブログではありますが、「将来のために」的な発想で登録しておいた人気ブログランキングを見てみますと、なんとDTM部門で1位になっておりました!!
ブログランキング
これもブログを見ていただき、さらにはブログランキングバナー(右のカラムにあります♪)をクリックしていただいた皆様のおかげです。

生まれたての弱小ブログをごひいきいただいて、本当にありがとうございます。続けていくモチベーションにもなります!

今後についてですが、EDMを標榜しつつも、「猫ふんじゃった」のメロディーを題材にしたりしている状況なので(笑)、より実践的な情報も記事にしていきたいと思います。

また、ジェネレーターやエフェクターに対する情報も、巷の情報では不足しているように思えますので、この辺もぼちぼちと...

何せ本業の合間に、ちまちま作っていますので、一気に充実したものにするのは難しいのですが、一つ一つ丁寧に記事を書くことで、皆様のお役に立てればと思っております。

それでは今後とも、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

今までは、ステップシーケンサーのみを使ってきましたが、今回はピアノロールを使用してメロディーを打ってみましょう。

とはいえ、いきなり大変なものは辛いですし、とりあえず1小節程度で、「あ、ちゃんとできた」感があるものを作りたいと思います。

で、題材に関して、色々悩んだわけですが...著作権の関係が有ったり、古い曲は3拍子等が多かったりで選曲が難航した結果、「まあ、あの猫ちゃんにしてみようか?」と(笑)。

楽譜を見てみると...

ここに楽譜が置いてました(⇒総合雑学 鵺帝国の「猫ふんじゃった」ページ)。

...確かに黒鍵ばっかり使ってたよねって、いきなり後悔モードですが、まあ、これも良いかと(苦笑)。初志貫徹でこれで進めましょう。

音源を選ぶ

今まで音程感のないドラムばっかり使ってたわけですが、今回は音程感の出る楽器が必要になります。

FL Studioにはたくさんの「ジェネレーター」といわれる音源が入っている訳ですが、今回既存の音源の中では割と素直な感じのシンセ音源である「GMS」というジェネレーターを使ってみることにします。
GMS
チャンネルラックで右クリック⇒インサートでGMSを選択するか、右のブラウザのPlugin datebase-Generators-Synth classicからGMSを選び、チャンネルラックにドラッグ&ドロップします。

音色を仮決め

GMSでは、そこそこ豊富なプリセットが、ジャンルごとにBANKとして分類されて整備されています。とりあえず「Leads & Synth」ジャンルの「Keys1」を選んでみます。
GMS音色選び
選択方法は、上図のオレンジ色で囲ったあたり(BANKの欄)をクリックすると、赤枠で囲った音色選択画面が出てきて、BANK(左側)とそのバンクの中の個々の音(右側)を選べるようになります。

左側で「Leads & Synth」・右側で「Keys1」を選んで(左クリック)、終わったら赤枠の左上の「×」マークをクリックして終了します(これで「Keys1」が選択されたことになります)。

そのうえで、チャンネルラックの「GMS」の名前が表示されているところで右クリックし、ピアノロール画面を出しましょう。
ピアノロールを出す
開いたピアノロールの、左側の鍵盤を押せば、音色が確認できます。ちなみに、1つの鍵盤の中で、右端の方を押さえると「強く弾いた」音が出て、左端の方(根元の方)を押さえると「弱く弾いた音」が出ます。結構凝ってますよね。

適当に音符を打って、音色を本決め

それではここで、適当に音符を入力してみましょう。

まず、ピアノロールの上の方で、鉛筆アイコン(下図の上の方の緑枠のところ)がオレンジ色に光っているのを確認してください(音符入力は、その右のブラシアイコンでもできますが、基本鉛筆アイコンと思っておいて頂いてOKです)。光ってなかったら、鉛筆アイコンを左クリックしてください。
仮打ち込み
で、右側の緑枠で囲ったスライダーを上下して、鍵盤上の「C6」(赤で囲ったところ)が見えるように調整してください。

上記画面は、左右が時間軸(左から右に流れます)・上下が音程軸なので、お好きなところでクリックすると、音符(というか「バー?」)が入力できます。

上記のように「C6」あたりを中心に、1小節分適当に入力してみてください。

あくまでも音色確認用なので適当でOKですが、「いくらなんでも」なところに打ってしまった場合、その音符(というか「バー?」)の真ん中あたりにカーソルを持って行くとカーソルの形が「上下左右矢印」に変わります。この状態になると、左クリックしながら上下(音高)・左右(発音位置)を動かせるようになります。

それでも気に入らなければ、「右クリック」していただくと音符(というか「バー?」)が消去されます。

なんとなくこの辺かな~と思う音域に音を置いて、それを再生しながら音色を変えていって(この音源の場合、ジャンル内移動は下図のオレンジ枠で囲った「矢印」を左クリックする事で行えます)、「これや!」と思う音を見つけましょう。
GMS音色選び2
私は最初に選んだのの隣にある「Keys2」で行くことにしました。

まじめに打ち込む準備

音色も決まったところで、再度譜面を見つつ打ち込んでいくわけですが、ちょっと準備をしておきましょう。

まずは前に入力していた音符を消さねばですが、コントロールキーを押しながら音符のある範囲(全部)を左クリックでなぞると、下図のように音符全部が選択された状態(赤色)に変わるので、その状態でデリートを押すと一発です。

※このコントロールキーを押しながら左クリックで『選択』というのは、よく使うので覚えておいてください!
音符選択状態
で、音符を打っていくわけですが、そのまま打って行っても良いのですが、ここまでシャープ(フラット)が多いと、打ち込むときに混乱しがちなので、まずはそのスケール音を冒頭においてガイドにしましょう。

シャープが6つついているので、キーはF#になります(この辺は音楽理論の範疇なので、深入りは避けます)。

ウインドウの上の方の、「磁石アイコン」と「鉛筆アイコン」の間にあるアイコン(作成者は「ハンコアイコン」のつもりのようです。上図のオレンジで囲んだ部分です)を左クリックすると、コードやスケール音の目印を打てるようになるので、Majorスケールを選びましょう(下図赤枠で左クリック)。
スケール選択

そして、F#5(C6の少し下のF#)のところで左クリックすると、以下の通りF#キーの構成音が和音として入力されます。
スケール音目安
この曲は臨時記号がないので、メロディーはこれらの音(オクターブの上下は含みます)に含まれるという事になりますので、迷いにくくなると思います。

まじめに打ち込み

では、打っていきましょう。

とりあえず、音の長さは気にしないで、位置だけ決めていきたいのですが...多分初期状態ではフツーに打った音の長さは8分音符(グリッド2つ分)になっているはずです。

しかし、この曲で必要な音符の最低単位は16分音符(グリッド1つ分)です。

そして、FL-Studioのマウスでの入力は、直前に入力した音符の長さに従いますので、まずは16分音符が入力しやすい状態にしておくのが吉です。

ですので、まずは下図の位置にD#6を入力したのち、その音符(というか「バー」?)の右端にカーソルを持って行きってください。
打ち込み第2弾

そうすると、カーソルの形が「←→」マークに変わりますので、この状態で左クリックしつつドラッグすることで音の長さを変えれるようになります。

これで16分音符にしておきましょう(イメージが分かりやすいように、C#6に16分音符を置いてみました。
音符小さく
これで大体準備が出来たので、後は楽譜(もしくは下図)を参考に打ち込んでみてください。
イーブン打ち込み
ループモードで再生すると、頭で和音(というか騒音)がなって、一応あのメロディーが演奏されますよね。ただ、ちょっと物足りないのも事実。
打ち込み修正
そこで、
・最初の和音を消す
・一番低い音(黄色枠のF#)の音を長くする
・裏拍にあたる音(赤枠のC#)の音の強さを弱くする
という調整を加えました。
※上図の下のグラフのような部分が音の強さを表しまして、左クリック&ドラッグで変えれます。

まあ、とりあえずこんなもんかな?

折角なんでリズムも付ける

上記の修正で1小節目が2音しかなくなってさみしいので、リズムも付けましょう。

ドラムの打ち込みは前にやりましたが、もうお疲れでしょうから簡便に。

まずはプレイリスト画面に行って、先ほど作ったパターンを張り付けます。

で、ブラウザのPACKS-Loopsから適当なループを選んで、そのままプレイリストにドラッグ&ドロップします。
完成

そして、ソングモードで再生してみますと...そのループが設定している曲の速さに合わせて変換され、きれいに鳴るんですよね~これ、画期的なんですよ!

この記事のまとめ

この記事では、ピアノロールを使った打ち込みの基礎を学びました。

  • 左クリックで入力/右クリックで消去
  • 音符(バー)の真ん中にカーソルを持って行って、上下左右矢印になったら左クリック+ドラッグで移動出来る
  • 音符(バー)の右端にカーソルを持って行って、左右矢印になったら左クリック+ドラッグで長さ調整出来る
  • 選択はコントロールキー+左クリック
  • 音の強さは下のグラフのところで変えられる
以上は、後々まで使うので、ぜひ復習しておいてください。

さて、これで、リズムが打てて、メロディーも打てて、曲への展開もできるので、理屈上はどんな曲でも作れるはず(笑)。

もちろん、もっと知るべきことはあるわけですが、基礎の基礎は身に付いたといっても良いでしょう。お疲れさまでした!

尚、今回のも、手を動かすのと動かさないので理解が全然変わります。

読んで「へ~」って思うだけではなく、ぜひぜひやってみてくださいね!

チャンネルラックに関する説明で書きました通り、ステップシーケンサーはチャンネルラックに付いているものというより、むしろパターンの内容を表示しているだけのものと捕らえるほうが挙動に関する理解がしやすいです(ここで入力もできるので厳密には間違いですが...)。

ということは、パターンに内容を入力する際に多用するピアノロール画面の内容と連携が取れていてしかるべきです。

実際、基本的にはそうなっていて、ステップシーケンサーで打ち込んだ内容は、ピアノロールだとC5に音を入力したものとして表示されます。

ただ、ちょっとバグがあるようでして...ステップシーケンサーで一度音を入力して、その後それを取り消した場合に、ピアノロールで見ると入力していた音の残像が残るような形で表示される場合があります(下図のオレンジ枠部分)。
ステップピアノ連携
で、これが必ずそうなるかというと、そうならない(要はきっちり連携が取れている)場合もあって、色々条件を変えて理由を探ってみたのですが、今の段階では良く分かりません。

ステップシーケンサーでハットの入力とかする時には、『左クリックしながらボタンの上を一気になぞって、16分音符の連打を作ったうえで、いらないところを消していく』という方法が効率的ですが、それをピアノロールで開いてクオンタイズをかけようとか思った際に、「なんじゃこりゃ!」って驚かされてしまう場合があるんですね。

もちろん、「鳴る音」としての情報はないので、気にしなければ良いわけですが、「こういうことが有る」という事を知っておかないと、ビックリしたり落ち込んだりしますので、
・どういう状況下で生じるのか?
・解消するにはどうすればよいのか?
について、私個人のレベルでは詳細不明な状況ではありますが、取り急ぎ記事にさせていただいた次第です。

前記事FL Studioでドラムを打ち込み、一曲完成させるで、ドラムの打ち込み方の基礎はマスターしていただきましたが、出来上がったリズムには正直「多少の物足りなさ」があると思います。

その原因の一つとして、「強弱の全くないベタ打ちだから」という点が挙げられます。

これを解消するには、ピアノロールで打ち込んで...というのが思いつきやすい方法なのですが、実はステップシーケンサーでも解消する方法がありまして、その方法ならではの利点もありますので、今回はこれを解説させていただきたいと思います。

まずは同じ音を複数用意

まずは、キック・クローズハイハット・スネアについて、同じサンプルを2つづつチャンネルラックに立ち上げます。
グルーブ1
そうすると、909KIC・909KICK#2・909CH1・909CH1#2などという風に表示されるはずです。

「普通の音」と「強い音」(「弱い音」)を分けて打つ

そのうえで、「普通の音」と「強い音」(「弱い音」)を分けて打ちます。
グルーブ
ここでは、
・909KICKを強い音
・909KICK#2を普通の音
・909CH1を強い音
・909CH1#2を普通の音
・909Snareを普通の音
・909Snareを弱い音
というイメージで打ち込みました。

「音量ノブ」で強弱を調整

そして、左側の「音量ノブ」で
・「強い音」の音量を上げて
・「弱い音」の音量を下げる
ことで強弱を表現します。
グルーブ
実際にやってみますと、これだけで結構印象が変わることが分かっていただけると思います。

理解を深める実験(強弱でスウィング表現)

折角なので、強弱の効果についての実験もしてみたいと思います。

同じ音色のハットを2つ用意して以下のように打ち込んでみてください。
スウィング
で、裏拍で打ち込んだもののボリュームを下げていきますと...そう、イーブンで打ち込んでいるにも関わらすスウィングして聴こえるんです!面白いですよね!!

この記事のまとめ

この記事では、同じ音を2つ用意し、音量調整を行うことで、強弱を表現する方法を解説しました。

この方法ではベロシティー(鍵盤を押す強さ)は一定なので音色の変化は生じませんが(音源によっては、ベロシティーで音色が変化するものもあります)、ノブ一つで簡単に強弱調整が出来るので、グルーブを追い込みやすいという長所が有ります。

かなり有効な方法ですので、ぜひぜひ実際に試してみて、効果を体感してみてください。

FL Studioでドラムを打ち込み、一曲完成させるでも使用した、ステップシーケンサーのスウィング(シャッフル)機能。

便利な機能ではあるわけですが、チャンネルラックに付いているという事は...フツーにすると、ここで設定したスウィング(シャッフル)は『全音源』にかかってしまうことになります。

リズムにこだわる方は、「ハットだけシャッフルかかってて、ベースはイーブンにしたいんだけど...」なんて発想もあったりして「FL Studio、詰めが甘いな...」なんて思ったりしてませんか?

私も最初はそう思ってたんですが、さすがFL Studio、実はそつなくこれを回避する方法が用意されているのです。

今回はその方法を2つほど紹介させていただきます。

スウィング(シャッフル)の深堀り1:各音源でかかり具合を調節

まず、分かりやすい方法として、各音源の詳細セッティングの中でスウィング(シャッフル)のかかり具合を個別に設定するという方法が有ります。

設定したい音源名をクリックして詳細設定画面を開き、スパナタブの中の下記赤枠のつまみで調整可能です。
キャプチャ2
このつまみを絞っておけば、チャンネルラックの上の部分でスウィング(シャッフル)をかけても、反応しなくなります。また、絞り具合(開き具合)で、チャンネルラックで設定したスウィング(シャッフル)への追従具合をコントロールできます。

楽器が増えて来たら泣きそうになりますが(笑)、やり方が簡単なのと、ハット・ベース・スネアなどのベストな跳ね方を、つまみをいじりながら詰めていけるのは利点ですね。

スウィング(シャッフル)強化の方法2:ピアノロールで行う

FL Studioでのドラムの打ち込みは、ピアノロールでも可能です。

もっと言うと、ピアノロールを使えば、各音の音の強さ(ベロシティー)も変化を付けれるので、自由度が高くなります。

で、シャッフルの方ですが、ピアノロールではクオンタイズ機能が使えまして、「ジャストに合わせる」という消極的な使い方だけではなく、「良い感じのノリに合わせる」というグルーブ・クオンタイズもなんかも使えます。

実際に操作を見てみますと、ピアノロール画面のスパナマーク(下図赤枠部分)からQuantizを選択すると、以下のような画面が出ます。
キャプチャ1
ここで、上図の緑枠をクリックすると、Quantizationフォルダが開いて、様々なクオンタイズのテンプレートが選択出来るようになります。

上の図は、『Humanizing preset』→『Grooves』→Swing(素直なスイング)を選んだものですが、今の音符の位置(太い横棒)とともに、赤線でそのテンプレートをガッチガチに適用した場合の位置が示されます。

で、上図オレンジ枠のSensitivityで全体の合わせ具合(0なら効かなくて、100ならガチガチに合う)・Start timeで発音タイミングをどこまで合わせるか(これも0で効かなくて、100でビッタリ合う)・Durationで音の長さをどうするか(動作は同様)を調整して、Acceptを押せば、お好みのスイングが完成します。

注意点:両者の関係性

両者は、結果は似たような感じですが、やってることは根本的に異なります。

まず、ピアノロールで作ったもの(パターン2の方)は、『発音位置データそのもの』を変更するものです。

これに対し、チャンネルラックでのスイング(シャッフル)機能は、『チャンネルラックにデータ上の発音位置を前提に、これを跳ねさせるエフェクターをかけている』イメージです(midi世代の方にはmidiエフェクターだと思っていただければよいかと)。

で、楽器ごとにそのエフェクターの影響の受け具合を設定できる機能を利用したのが、パターン1の方という訳です。

最終的には好みの方で...という事ですが、パターン1とパターン2を併用すると、
・ベースをピアノロールで作りこんでええ感じのが出来て、
・ハットを作る差にチャンネルラックでちょっとスイング(シャッフル)をかけたら、
・ベースが変なタイミングで鳴るようになった
というような事態が生じえます(もちろん、ベース音源でスイング無効にしておけば良いのですが...)。

ですので、上記の構造は分かっておいた方が問題が生じにくいと思います。

この記事のまとめ

この記事では、FL Studioでスイング(シャッフル)をより緻密にコントロールする方法として、
・チャンネルラックのスイング機能(midiエフェクター)を使いつつ、
 各音源でスイング受信感度を変更する方法(パターン1)
・ピアノロール上のクオンタイズ機能を使って、
 スイングするような発音タイミングに書き換える方法(パターン2)
を学びました。

どちらも一長一短ですが、構造を理解して使いこなせれば、FL Studioでのリズムづくりがさらに面白くなると思いますよ!

↑このページのトップヘ